読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩的なこと、素敵なもの

私的で、詩的な、言葉を生み出し、素敵な世界に。指摘されても、知的でなくても、素敵に生きます。

千夜と一夜

 

 

千夜一夜物語、女性不信となった王の残虐な行為を止めるために、一人の女性が王のもとへ行き、物語を聞かせ、王を変えていくストーリー。ざっくりいうと、そういった話ですが、ここで注目すべきところは、彼女の想像力だよね。

 

千一夜目にして、やっと王を変えることができたのだけれど、千一夜も王の興味をひいたのはすごいよね。そんなに毎日おもしろいこと言えるかなあ、って思う。毎日、言葉は使うけど、物語となるとなかなか難しいよね。もしかして、このぐらいアウトプットしないと、「世界は変えれない」という教えなのかな?(笑)

 

 

まあ、なんにせよ。言葉は常に吐いたほうがいいですよね。日本人以上アラビアンナイト未満ぐらいが、ちょうどいいのかも。

 

 

 

では、一つ詩を。

 

 

 

 

「千夜と一夜」

 

 

これまで退屈だった

 

さびついた千夜は誰のもの

 

これから見えてきた

 

未来を変えた一夜は君のもの

 

飛びぬけて手を伸ばした

 

話がまたしたい

 

 

 

 

以上、

 

 

一晩で変わることぐらいたまにある。

 

 

 

今回もありがとうございました。