読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詩的なこと、素敵なもの

私的で、詩的な、言葉を生み出し、素敵な世界に。指摘されても、知的でなくても、素敵に生きます。

小雨

京都ってどうして人気なのでしょうか?



私の周りの仲良い友達は、みんな京都に数回訪れています。何か人を惹き付けてやまないものがあるのでしょうね。


私ももちろん京都は好きですが、特別好きではありません。理由は特にないです。


京都って特別だから特別視されているのですが、雑誌で特集されすぎて、ちょっとみんな寄ってたかりすぎでは?と思うこともあります。まあそれも、魅力的な都市だからそれは仕方がないのかもしれませんね。と言っている私は、京都の魅力にきっとやられているような気がします。



喫茶店が好きで、京都にくるとき観光スポットに行くのをいつも忘れてしまうタイプです。京都は素敵なお店が多すぎる、寄り道ばかりしているうちに、見に行きたい観光スポットのことが頭から離れちゃうぐらいに。




それでは、一つ詩を。


「小雨」




いつかの匂いがする


あの雨の日はいつだっけ


あの雨の日とちがう場所


いるはずなのに


あの雨の日を思い出す


木漏れ日を望む


夜は小雨なのに






以上



満開の桜の雨はアンニュイ






今回もありがとうございました。