詩的なこと、素敵なもの

私的で、詩的な、言葉を生み出し、素敵な世界に。指摘されても、知的でなくても、素敵に生きます。

タイミング

 

 

ず~れた間~の悪さも~

そ~れがき~みの、タイミング!

ぼ~くのこ~ころなごます

なんて不思議なちから~~

 

 

素晴らしい歌詞とともに始まる今回の「詩的なこと、素敵なもの」は、私、与太郎私的空間でございます。

 

この度、「タイミング」なるものの重要性を説きたいところですが、もうすでにその重要性は、皆様ご存じだと思うので、控えます。いつも通り、しとしとと言葉を吐いて行きます。

 

超楽観主義な私には、世界で一番愛している女性がいます。これはとてつもない幸せです。なぜなら、その子がいるだけで、この世のありとあらゆることに対して活力が生まれるからです。残酷な目にあっても、「生きている、やった、またあの子に会いに行ける」と思いますし、成功したときも、「やった!これで得たものであの子を幸せにしに行こう!」と思えるわけです。

 

非常に頭がお花畑かと思われますが、いつまでも変わらぬ愛に、非常識はつきものです。これからも俯瞰的に美しく生きていたいです。

 

 

さあ、ここで一つ詩を。

 

 

 

 

 

「タイミング」

 

シギなもので、あれからいくつ季節が回ったか

 

思い出せないタイミングに

 

また君を思い出す

 

シンデレラは灰かぶり

 

美しさはドブネズミ

 

あの物語、あの歌が

 

このタイミングでくる

 

 

 

 

以上

 

 

 

妄想は人類の母

 

 

 

今回もありがとうございました。